Lastest Classified Listings

分かりやすいCFD|おすすめ特撰紹介サイト

木曜日, 14 7月, 2016

皆さんはCFDについて調べた事がありますか?
ネットで検索した、本で探してみた、と色々な媒体で探した方達には色々な意見があると思いますが、分かりやすくCFDについて紹介しているサイトがありますのでご紹介させて頂きます。
「がんばる人のためのCFD」というサイトですが、CFD初心者の方にも分かりやすく説明されていて、CFDを始める時には、どこで検索すればいいのかもわかりますし、これからCFDを始めようとしている方達には向いているサイトです。
サイトはこちらからCFD取引についてを是非ご覧になってみてください。

このサイトで紹介している「もっと分かりやすいサイト」ではとても分かりやすくCFDについて紹介しているので、参考にして頂ければと思いますし、「がんばる人のためのCFD」も一度は見ておくと役立つと思います。
CFDでも株価指数に投資するという場合についても紹介されているので、ダウへの投資を考えているトレーダーの方達の参考になる事も紹介されていますし、CFDを様々な視点から捉えているサイトだと思いました。

色々なサイトがある中で、他サイトを紹介しているサイトは多いですが、この二つのサイトもそれぞれ参考になると思う事を書いてあるます。
CFD初心者の方には丁寧に書かれていますし、ファンダメンタルズについても理解しやすくなりますよね。
「がんばる人のためのCFD」にも書かれていますが、CFDについて調べると難解な、分かりにくい内容のサイトも確かに多いです。
私も紹介していますが、参考になると思う面もありますし、違った視点から見られますよね。
トレーダーの方達は参考にして、ダウへの投資、株価指数へ投資するための一つの知識にも視点にもなると思いますし、読んでいると難しい所もありますが、分かりやすく書いてありますから、ゆっくりと時間をかけて読めば、CFDの基本は押さえられると思います。

投資の基本が色々と分かりますし、私が紹介しているサイトの方がお勧めしているサイトでは40代の会社員の男性が伝えているというのもCFDにこれから挑もうとしている方達にとっては期待が出来ますよね。
投資の専門家の方達は難解で複雑な説明ができるかもしれませんが、紹介されているサイトでは素人でありながら知識の深いトレーダーとも言える男性がなるべく分かりやすく説明している分かりやすいという利点があります。
皆さんも是非「がんばる人のためのCFD」と紹介されているサイトをご覧になって投資アンテナの感度を上げてみてください。

ダウ氏が編み出したチャート理論のポイント

木曜日, 7 7月, 2016

株をやる人なら必ず聞いたことのある「ダウ」という言葉。
このダウってどこから来たかご存知ですか?
実は、人の名前です。
これはダウセオリーというチャートの理論を編み出したチャールズ・ダウ、という人からきているものなのです。

ダウ氏は、昔からの株価の動きを説明するため、指数を2つ作成しました。
1つは工業株平均、そしてもう1つは鉄道株平均です。
もともと両方とも12ずつだったのですが、今で鉄道株は運輸株と名を換え、12から20へと増えています。

景気と株価は深く関わっている。
それを過去を遡って研究し、ダウ氏はオリジナルの計算方法を思いついたのです。
これが今でも使われるダウ平均というものです。

ちなみにこのダウセオリーの基本項目は8つ。
その中でも注目したいの、株式市場はトレンドが3つある、というもの。
主要波動、中勢波動、そして小波動です。
特に小波動というのは、毎日の動きをベースとしているものですが、長期投資を行う投資家が先行きを予測するためには役に立たないこともあるそうです。
しかし、当然ながら短期投資して短期で適度に儲けよう、という人にとっては参考になるものですね。

そしてこのトレンドに関する基本項目でもう1つチェックしたいのが、トレンドの転換について。
先ほど主要波動、中勢波動、小波動と称したものをさらに分かりやすく、潮、波、そして波紋に例えて説明がなされています。
大きな動きを見るためには、当然潮のチェックが必要となります。
満潮、干潮をしっかり見極める目がないとその先は見ることができません。

株式投資を始めよう、という人は、まずこの大きなトレンドを見ることができるようにしましょう、というのがダウセオリーでも述べられています。
それができるようになったら中、そして小、と移行していきましょう。
小、つまり波紋を見ることができるようになったその頃にはダウセオリーがしっかり把握でき、どんな形の投資もできるプロのような状態になっているはずです。

ダウ取引をしたいなら、どのような業者の口座がお勧め?

金曜日, 1 7月, 2016

ニューヨークダウは、NYダウとも表される、アメリカを代表するニューヨーク株式市場でとても重要な指標とされているものです。
それを聞くと「それって日本での日経平均株価と同じじゃないの?」と思ってしまうかもしれませんが、両者には大きな違いがあります。
それは、NYダウはアメリカの「優良」株30銘柄から計算していますが、日経平均株価はかなり偏っている、と言われている点です。
しかも30ではなく、225種類の平均ですから、ぎゅっと絞ったダウの方が世界から注目されているのは当然ではないでしょうか。

実の話、NYダウはアメリカ代表というよりも、世界を代表するようなグローバル展開している企業、例えば誰もが知っていてお世話になっているコカ・コーラやマクドナルド、アップル社などがこの30の中に入っているのです。
ですから、この平均株価指数というのは世界経済を反映したような状態になっているのです。

そんなダウの取引をしようと思ったら、どのような業者で口座を開くのが一番得になるのでしょうか。
ダウ取引をするにはCFDを取り扱っている証券会社やFX会社で口座を開設することになります。
大手であればどこでも可能ですが、取引手数料などだけに目を奪われてあまり知られていない業者に引っかかってしまうと、大変な損をすることもあります。
特に初心者は、どんな質問をしたとしても懇切丁寧に答えてくれる、ある程度有名なところを使った方がいいでしょう。

例えば、IG証券などは期間限定(2016年6月現在)ではありますが、最大5万円がキャッシュバックされるキャンペーンを行っています。
このように、大手でさらにうれしいキャンペーンや特典などがあるところを上手に選ぶと、ダウで儲けを出すよりも先に得をした気分になれていいですよね。
ただし、この手のキャンペーンは条件を満たさないといけないので、金額につられず、自分が満たせる条件かどうかを確認して業者を選ぶ、というのも意外なポイントとなります。

NYダウとローソク足の予測について

金曜日, 24 6月, 2016

為替を買う時は、色々な知識が必要ですし、学ぶことも大切ですが、為替で言う時のトレンド、上昇していく流れ、下降していく流れ、色々とありますが、為替のトレンドは広く言えばこの流れの事を言います。
トレンドはなかなかつかみにくいと思いますし、初めのうちは予想も付かないと思いますが、長期的に挑んでいると「あれ、この上がり方、前にもあったな」「この下がり方、前にもあったな」とトレンドをつかめる時があると思います。
それをしっかりとした形で確認できるのがローソク足です。

ダウのローソク足はトレンドの指標と言われていますが、ある意味基本となる、軸になるデータですね。
初めのうちはローソク足?ローソク足なんてない(笑)とお怒りになるかもしれませんが、怒らないですよね。
ローソク足がNYダウのトレンドのデータを反映している面もあると言われていますし、実際ローソク足の視点からデータを見ていくと、上がっていく時と、下がっていく時の違いが分かりやすくなっていますので、一度、ローソク足?と言わずに確認してみてください。

ダウで考えた時にローソク足も戦略の一つですね。
NYダウ平均価格がある意味指標ですが、指標も予測に役立ちますが、実際は全体的な指標なので、これではつかめないと思ったらローソク足を見ましょう。
ローソク足を見て今は上昇しているけれどこの後下がるかもしれない、今は下がっているけれど上がっていくかもしれないと、今下がったから即買う、上がったから即売るのではなくて、長い目で見ていくことは大切です。

ですが、数値と言うのは当てにならないという方達もいます。
実際100%こうなるという予測は立てられないのがダウの現実ですね。
長年為替で売買してきた方達ですら、多分という表現しかできないトレンドがあるのも確かです。
ただ、ダウでも、ローソク足を基準に考えていくとある程度の予測は付きやすいですよ、という紹介なので、あくまで参考にしてくださればと思います。
得する事もあれば、損する事もあるのは人生と同じですからね。
人生も予想を立てても思いもよらない事が起きますからね。

取引時間をチェックして日本円やnyダウに投資

月曜日, 20 6月, 2016

FXというのは取引時間が24時間となっており、常に取引を行うことが可能な投資となっています。
日本だけでなく世界各国で取引が行われていますが、外国為替市場は一つの市場で24時間常に取引を連続して行うということではありません。
色々な国の市場で取引時間が変わっており、世界各国の投資参加者が外国為替の取引を実施しています。

連続取引が可能ですが、日本だけでなく世界各国の市場をみていくことが重要です。
各国で日本円やnyダウの価値が大きく変わっていきます。
それをリレー形式で価値が伝わっていきますので、取引時間によっては価値が大幅に変わることがあります。

トレードスタイルも変えていくことができますが、参加している投資家というのは、取引時間の時間帯で取引によって戦略や戦術が大幅に変えることがあります。
取引が活発になってくる取引時間帯であれば、市場を選びながら理想的なトレード方法によって取引を行うことができます。
日々仕事をしているサラリーマンや、専業主婦はライフスタイルが異なります。
FX取引は時間や期間を投資家がそれぞれ決めていくことができるため、独自の投資の手法を確立させられるでしょう。

nyダウを主に取り扱っていることが多いニューヨークの証券取引所では、取引時間がアメリカの時間で朝9時半よりスタートして、夕方の4時までとなっています。
こうなってしまうと取引のタイミングを失ってしまうこともあるでしょう。
また低金利である日本円以上に、魅力的な高金利となっている豪ドルなどへ投資を変えていく判断を下せます。
金利差は外貨預金におけるメリットとなっています。

外貨定期預金も人気が高く、金利は常に高水準となります。
取引時間が24時間となっているFXは、金利を常につけることができる有利な通貨を見つけやすいです。
為替レートも取引時間や市場によって変わっていきますので、ベストタイミングを見つけて投資を行いましょう。
通貨の金利差も理解しながら投資を行えるのがベストです。